医療機器紹介


 別所動物病院では、様々な症状に対応出来るように、医療機器の充実に取り組んでおります。

 


 

血球計数装置 


 

赤血球、白血球等の数値を計ります。

 

血液化測定器


 

血液化学等の項目を測定します。

 

 

蛋白濃度測定装置 


 

炎症マーカーであるCRPを、

測定する事ができます。

 


 

血液凝固分析装置


 

血液中の凝固機能測定を行います。

 

 

ホルモン検査装置


 

甲状腺機能・ホルモン検査を行います。

 


 

半導体レーザー装置


 

高出力半導体レーザー手術装置にて、止血、切開、凝固及び蒸散に効能効果があります。

 

レーザー治療器


 

2つのレーザー光が同時に出力でき、疼痛緩和・創傷治癒の促進・消炎効果に優れた治療器です。

 


 

超音波画像診断装置


 

画像処理技術に優れた、超音波診断装置です。

 

 

恒温器


 

細菌、カビなどの培養をします。


 

集中治療室(ICU)


 

入院ゲージ内の温度・湿度・酸素濃度を自動で調整します。

 

 

モニター


 

高解像観察で、高品質の画像が提供されます。

 


 

心電図自動解析装置 


 

自動解析装置付き心電図です。

心臓の病態把握の為に、超音波やレントゲンと併せて評価したり、術前検査として使用します。

 

 

眼圧計


 

緑内障やぶどう膜炎等の診断補助になります。ストレスレスの眼圧計です。

 

 


 

高圧蒸気滅菌器 


 

 

手術器具の滅菌に使用しております。

 

 

生物顕微鏡 


 

血液血球検査、細胞診断検査、糞便検査、尿検査、耳垢検査、皮膚検査等、観察します。 

 

マイクロ波治療器 


 

自在可動で、治療部位へ柔軟にフィットするマイクロ波治療器を使用しております。

 


 

内視鏡 


 

食道・胃・腸の病変を内側から直接観察し、組織の採取、診断致します。

 

 

麻酔器・人工呼吸器


動物専用の気化器・麻酔器を使うことにより、より細かな調整ができ、症例に応じた使用で安全性を高めます。

 


 

超音波メス


 

 

超音波の振動による摩擦熱により、組織の凝固・切開・乳化吸引を行い、手術の迅速化をはかります。 

 

電気メス


電気メスを用い、負担の少ない切開等が可能です。

 

 


 

生体モニター


 

生体情報を鮮明に表示、アラーム機能や光の点滅により、素早い処置を行えます。

 

 

吸煙器


 

レーザー・超音波メス使用時に発生する煙を吸煙します。

 

 


 

歯科切削器


 

歯石を除去する機器です。

 

 

切削器


 

 

技診用マイクロエンジンです。

 

 

X線撮影装置 


 

職員の健康を守るため、装置に鉛ボックス・鉛エプロンを使用いたしております。


 

自動点滴器


 

正確な量の血管点滴注射を自動的に行うことができます。

 

AP水生成器


  

消毒用の中性水を作ります。

 

 

オゾン脱臭装置 


 

室内の臭いを消すため、各室に設置しております。

 


 

画像診断システム 


 

レントゲン撮影後、カセッテを読込むと自動でモニタに表示します。

 

 

NEW 吸引器 


 

 

新しい強力吸引器が入りました。

 


 

自動分包機


 

処方薬を分包します。

 

ガス滅菌機


  

EOGガスにて滅菌します。

 

 

無影燈


 

手術室天井からも4球設置。

光が自動的に手術部に集中します。

 


 

超音波画像診断装置 


 

CANON Aplio 300